お知らせ
2021-09-18
開催案内】公開シンポジウム
 「教育データの利活用の動向と社会への展開」
--------------------------------------------------------------------■
【日時】 2021年10月17日(日)13:00~17:00
【開催地】オンライン
【主催】日本学術会議 情報学委員会・心理学・教育学委員会合同 教育デー
   タ利活用分科会
【参加費】 無料
【事前申込み】要 〆切り:10月16日(土)12:00
▶https://forms.gle/uh7p7H7XmVnDwED99

【開催趣旨】
 日本学術会議から「教育のデジタル化を踏まえた学習データの利活用に関す
る提言」が2020年9月末に公開された。本シンポジウムでは、本提言の啓発活
動を行うとともに、教育データの収集と分析(ラーニングアナリティクス)
に関する政策関係者並びに研究者を招き、教育データの利活用における課題や
今後の方向性について議論する。
【プログラム】
▶https://eds.let.media.kyoto-u.ac.jp/?page_id=3242
【問い合わせ先】
 京都大学学術情報メディアセンター緒方研究室
 メールアドレス:contact@let.media.kyoto-u.ac.jp
2021-09-16
会員の皆さまにはすでに郵送でお届けしておりますが、会報「JASIS NEWS」第68号が発行されましたので、お知らせいたします。
↓PDFデータでの閲覧はこちらから
▶http://www.jasis-interior.jp/page/kaihou
2021-09-09
2021 年度グッドトイレ選奨作品募集要項
⼀般社団法⼈⽇本トイレ協会 グッドトイレ選奨委員会

1. 趣旨
グッドトイレ選奨は、トイレ⽂化の向上やよりよいトイレ環境の創造、ひいては地球環境の保全に寄与する活動や作品
などの好例を選び、他の模範になるものであると推奨し、それに尽くした⽅を顕彰するために設けられました。選奨の
基本概念は「みんなが気持ちよくトイレを使うための環境整備や活動を共有する」ことです。2009 年度から始められ、
今年で13 回⽬になります。年々応募案の類例も多岐にわたり、質も向上し、広がりを⾒せております。

2. 選奨の対象と応募部⾨
トイレ⽂化の研究、論⽂や書籍、映像創作、教育や普及活動、排⽔処理やメンテナンス、トイレデザインの作品、機器
や材料・付帯設備のプロダクトデザイン、運営・管理上の新しい試み等々、作品や活動を対象とし、4 分野の応募部⾨
を設けました。トイレとの関わり⽅の広がりにより,⼀律の評価をすることが難しくなってきたことから,部⾨ごとで
評価することにしました。

ア) 作品部⾨:トイレ施設の設計、プロダクトデザイン
イ) 著作・研究部⾨:著書、研究論⽂、技術開発
ウ) 維持・管理・運営部⾨:専⾨的維持管理、清掃、運営
エ) 社会的活動部⾨:イベント、企画、トイレ啓発活動、教育活動、トイレの総合的な活動、健康、 災害⽀援、
ボランティア、市⺠活動 などの⾮営利活動を想定しています。
※原則として、活動発表等が3年以内のもので、過去に受賞や選奨を受けた作品は除きます。

3. 応募資格
年齢、会員の有無を問わず、幅広く応募をお待ちしております。海外からの応募も可能です(英語での応募にも対応
します)。参加費は無料です。

4. 選考⽅法および発表
2 段階による選考を⾏います。
選奨作品の数:各部⾨ごとに2 作品程度の選奨・⼊選を選定します。
発表は、11 ⽉18 ⽇の第37 回全国トイレシンポジウム(テーマ:「トイレ利⽤の多様性と尊厳」)で⾏います。
((⼀社)⽇本能率協会主催「トイレ産業展」会場で開催 東京ビッグサイトにて)

(1) ⼀般の⽅による投票(オンライン投票含む)
・トイレ協会会員によるHPからの投票
・シンポジウム参加者による会場での投票
・トイレ産業展来場者による会場での投票

(2)審査委員会による最終選考
⼀般投票の結果と各部⾨の審査委員による審査結果を審査委員会で総合的に判断のうえ、選考を⾏います。
審査委員会
・統 括: ⼩林 純⼦(会⻑、設計事務所ゴンドラ代表/建築)
・委員⻑: 上野 義雪(運営委員、元千葉⼯業⼤学⼯学部教授/⼈間⼯学)
・部⾨担当委員

ア) 作品部⾨: ⼩松 義典(運営委員、名古屋⼯業⼤学⼤学院准教授/建築環境⼯学)
岩崎 克也(東海⼤学⼯学部建築学科教授 兼 ⽇建設計設計部⾨ダイレクター/建築デザイン)
イ)著作・研究部⾨: 川内 美彦(副会⻑、元東洋⼤学ライフデザイン学部教授/ユニバーサルデザイン)
森⽥ 英樹(運営委員、総合トイレ学研究家/トイレ歴史)
ウ) 維持・管理・運営部⾨:中森 秀⼆(運営委員、メンテナンス研究会会⻑、LIXIL トイレ空間事業部)
⼭⼾ 伸孝(運営委員、アメニティ代表取締役社⻑/メンテナンス)
エ) 社会活動部⾨: ⼭本 耕平(副会⻑、ダイナックス都市環境研究所代表取締役会⻑/廃棄物環境・まちづくり)
新妻 普宣(運営委員、総合サービス代表取締役社⻑/防災・環境)
・アドバイザー: ⾼橋志保彦(名誉会⻑、神奈川⼤学名誉教授/建築・都市デザイン)
鎌⽥ 元康(名誉理事、東京⼤学名誉教授/建築環境⼯学・建築設備)
※ 審査委員を、変更することがあります
2021.09

5. 応募⽅法・締切⽇
(1)申し込み 締切 10⽉8⽇(⾦) ※締切まで随時受付中
下記のア〜エを明記のうえ、mail、郵送で、申し込みをお願いします。(下記、問い合わせ先まで)
ア.応募者⽒名
イ.所属
ウ.連絡先(住所、mail アドレス、電話など)
エ.応募部⾨ → 特に評価してもらいたい部⾨をひとつ、選んでください。
ア) 作品部⾨:トイレ施設の設計、プロダクトデザイン
イ) 著作・研究部⾨:著書、研究論⽂、技術開発
ウ) 維持・管理・運営部⾨:専⾨的維持管理、清掃、運営
エ) 社会的活動部⾨:イベント、企画、トイレ啓蒙活動、教育活動、トイレの総合的な活動、健康、 災害⽀援、
ボランティア、市⺠活動 など
オ.応募する作品や活動の概要(題名・規模・内容等を簡単に記載してください)

(2)応募に必要な書類 締切 10⽉29⽇(⾦)※締切まで随時受付中
a.作品及び活動等の説明 (シンポジウム概要集に掲載)
A4 タテ1 ページとし、データでの提出をお願いします。
説明内容の例 作品の場合・・・写真・平⾯図・概要・特徴等
メンテナンス(維持管理等)及び活動の場合・・・写真・概要・特徴など
b.展⽰⽤パネルデータ (シンポジウム会場(トイレ産業展会場)でのパネル展⽰)
A1タテとしたパネルの作成をお願いします。(アルミフレーム等は不可)
掲載内容は、「作品及び活動等の説明」と同じでも結構です。
c.トイレ協会HP ⽤原稿
例年、シンポジウム当⽇に会場で⾏っていた1 分スピーチを、本年もトイレ協会HP に掲載して事前に公開します。
応募作品のPR を、400 字原稿、または、1 分以内の動画にてお送りください。
また、ZOOM でのプレゼンテーションタイムを企画中です。詳しくは、後⽇連絡いたします。
<上記のフォーマット等>
応募者に、事務局からご連絡いたします。英語での作成も可能です。⽇本語訳は対応いたします。
<原稿データの使⽤について>
提出いただいたデータは協会の広報活動に利⽤させていただくことがございますので、ご承諾願います。

【問い合わせ先】
⼀般社団法⼈⽇本トイレ協会 グッドトイレ選奨委員会
募集担当 浅井佐知⼦(設計事務所ゴンドラ・⽇本トイレ協会運営委員)
植松 千明(植松千明建築事務所・⽇本トイレ協会会員)
連絡先:浅井佐知⼦、植松千明 E-mail:goodtoilet-sympo@j-toilet.com
(まずはメールでお問い合わせください。)
郵送先:〒112-0003 東京都⽂京区春⽇1-5-3 春⽇タウンホーム1FA (有)設計事務所ゴンドラ
⼀般社団法⼈⽇本トイレ協会 グッドトイレ選奨委員会宛
※過去の作品等をトイレ協会のHP より、閲覧することができますので、ご利⽤ください。
https://j-toilet.com/35thsympo/goodtoiletselection/

※オンライン投票について
新型コロナウイルスの影響により、今年も会場に来ることができない⽅も⼤勢おられると思います。
新しい取り組みとして、昨年より、会員の皆様による「オンライン投票」を試みています。
事前に、応募作品を⽇本トイレ協会HP 上に公開いたしますので、会員の皆様には奮って選考にもご協⼒
いただきますよう、お願いいたします。
詳細が決まり次第、HP やメールなどで公開いたします。
-------------------------------------------------------
⽇本トイレ協会は、①トイレ⽂化の創出、②快適なトイレ環境の創造、③トイレに関する社会的課題の改善に寄与す
ることを⽬的に、1985 年に任意団体として設⽴され、2017 年に⼀般社団法⼈へと移⾏し、現在まで活動を続けてまい
りました。メイン⾏事として、毎年11 ⽉10 ⽇を「『いいトイレ』の⽇」と名付けて、その前後にトイレシンポジウム
を各地で開催してまいりました。
2021-08-03
会期 2021年12月2日(木),3日(金)
※2021年12月4日 (土) にテクニカルツアーを予定

会 場 京都リサーチパーク (KRP)
〒600-8815京都市下京区中堂寺粟田町90~94

行事 総会,シンポジウム,一般研究発表(口頭のみ),機器展示,NPO・企業プレゼンテーション,学生懇談会,分科会セミナー他(ポスター発表は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から中止いたします。)
※懇親会についても実施に向けて準備しておりますが,新型コロナウイルスの感染拡大状況によって,中止する場合があります。実施の可否につきましては,学術大会の1ヶ月前までに大会ホームページ (https://confit.atlas.jp/siej2021) にて連絡する予定です。

大会長 山中俊夫(大阪大学工学研究科 地球総合工学専攻 教授)

詳細情報:
▶https://confit.atlas.jp/guide/event/siej2021/top
2021-07-14
※提出書類(1)(5)は、本学Webサイトの採用情報
https://www.kyoto-wu.ac.jp/gakuen/recruit/n6eaci0000001uge.html からダウンロードしてください。



2020-10-26
第27回 卒業作品展の公開期間は終了いたしました。
ご参加ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。
次回は会場で皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

日本インテリア学会 表彰委員会
2020-06-08
会員各位                                               2020年6月8日

                                         日本インテリア学会 会長 直井 英雄
  
          新型コロナウィルスの影響による本年度の学会運営及び大会中止に関してのご報告とお願い

 本年度は4月7日からの新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言を受け、外出自粛や3蜜をさける、といった行動の変容が求められております。皆様も大変ご不便な生活を強いられていると思います。この緊急事態宣言も5月25日に解除されましたが、残念ながら従来のような生活スタイルに戻るには、かなりの時間がかかるものと考えられます。

 本学会においては、毎年年度初め(6月下旬)に予定されておりました理事・評議員会、総会等の開催が困難な状況であると考えております。また、昨年度末から進めております評議員・理事の選挙につきましても、評議員の選挙は各支部のご協力のもと済んでおりますが、理事改選は実施できておりません。このため、会長・副会長の選挙も計画しておりましたが、実施できていない状況であります。

 このような状況に鑑み、本学会の理事に下記の事項について緊急にご審議いただきました。その結果、各審議事項とも承認されましたので、ご報告いたします。本来であれば、総会にて会員の皆様にご審議を願う内容ではございますが、諸般の事情を考慮していただき、ご了承いただきたく存じます。

なお、本年度の大会につきましても、開催支部である関西支部と協議の上、会員各位の健康と安全に配慮し、理事による審議の結果、開催中止を決定いたしました。ただし、大会の開催は中止いたしますが、梗概集の発行は行い、梗概集原稿の提出をもって大会発表に代えたいと考えております。梗概集の募集については、今後お知らせする予定でおります。

                            記

審議事項1:新理事選挙の延期
本年度は現体制(会長・副会長・現理事・現監事・現評議員)の役員が職務を負うものとし、新理事選挙は1年延期とする。なお、新評議員の選挙結果は現理事にすでに確認されているので、そのまま、次年度に行われる新理事選挙の被選挙人とする。また、新評議員及び1年後に選出される新理事の任期は2年とする。(これは、今回の評議員投票時において、令和2~4年度の任期として選挙を実施したためである。)

審議事項2:臨時理事会の延期(新理事が未決になるので、会長・副会長選挙も次年度に繰り越す)
臨時理事会は新理事の中から会長・副会長を選挙で選出することが目的となるが、上記新理事選挙の延期により、1年後に行われる新理事選挙を受けて開催することとする。

審議事項3:2020年度第1回理事・評議員会及び2020年度総会の中止
2020年度の理事・評議員会及び総会を中止する。ただし、会員に対しては、審議事項の結果を適切な方法で報告し、了解を得るものとする。

審議事項4:2019年度事業報告(案)及び決算報告(案)の承認
2019年度事業報告(案)及び決算報告(案)については、理事による承認をもって成立したものとする。
(現在、コロナウィルスの影響により監査は実施していないが、この状況が落ち着いた段階で監査を速やかに実施するものとする。)

審議事項5: 2020年度事業計画(案)及び予算(案)の承認
2020年度事業計画(案)及び予算(案)については、理事による承認をもって成立したものとする。             以上




2019-12-28
2019年11月13日(水)-17日(日)タチカワブラインド銀座スペース オッテ
▶第26回卒業作品展2019 巡回展の様子


2019-11-05
日本インテリア学会 第31回大会(広島)にて、理事・座長による審査の結果、以下の準会員(学生)による優秀な発表に対し「学生発表奨励賞」を授与しましたので、お知らせいたします。今後の更なる研究の発展と社会でのご活躍を期待します。この度は、誠におめでとうございました。

家船の大小の違いによる船上の設備の違いについて -広島県尾道市吉和漁港の家船の居住環境の研究-
松浦直哉(広島工業大学大学院)・平田圭子

震災避難者の居住環境に関する研究 -復興公営住宅のコミュニティ計画とデザイン-
岡部真純(日本大学大学院)・市岡綾子

バリアフリー効果の見える化手法に関する研究 その5 -評価法確立に向けた廊下および段差歩行実験-
杉山遥(千葉大学大学院)・吉岡陽介・白石光昭・布田健・高橋正樹・上野弘義・馬淵大宇・直井英雄

小学校における落ち着ける居場所づくりの報告 -特別な支援を必要とする児童のための学習環境づくり その1-
佐藤里咲(千葉工業大学)・荒井みなみ・橋本都子・上野佳奈子

落ち着ける居場所の効果に関する検討 -特別な支援を必要とする児童のための学習環境づくり その2-
荒井みなみ(明治大学)・佐藤里咲・橋本都子・上野佳奈子

<発表順・敬称略>

2019-10-09
丸善出版より日本デザイン学会編『デザイン科学事典』刊行のお知らせです。
本事典はデザイン(設計)行為に関する知の統合、法則性の解明、デザイン行為に用いられる知識の体系化を図る「デザイン科学」に関して、その重要なトピックや手法、成果を読み切りの項目で掲載する、日本初の「中項目事典」として刊行されます。
本学会会員には、丸善出版より特別価格にて提供されますので、下記URLより会員専用の注文書によりお申し込みください。

▶https://www.maruzen-publishing.co.jp/info/n19634.html

・書籍概要
日本デザイン学会編 『デザイン科学事典』
〇会員特別価格 18,000円+税
(※定価:本体20,000円+税)
978-4-621-30377-1
A5版・上製・函入・728ページ