表彰委員会

日本インテリア学会 2023年度 第30回 卒業作品展のご案内

今年度の「第30回 日本インテリア学会 卒業作品展」は、名古屋工業大学にて開催の第35回大会(東海)に合わせて、10月28日(土)から本ウェブサイト上で公開しております。出展のご応募をいただきました 大学・短期大学・専門学校・高等学校 関係者の皆さまにお礼申し上げます。

2023年度日本インテリア学会  第30回 卒業作品展【受賞作品】

最優秀作品賞(2点)
池上 柚月(東京電機大学 未来科学部 建築学科)︎
『 千姿万態 』(せんしばんたい)
高岡 卓史(名古屋芸術大学 芸術学部芸術学科 デザイン領域・スペースデザインコース)︎
『 irene project:ジャズバンド奏者のための楽器も座れる椅子』(アイリーン プロジェクト)

優秀作品賞(3点)
柴野 沙彩(岡山県立大学 デザイン学部 デザイン工学科)︎
『 巡る庭 -湧水と人々を紡ぎ育てること-』
山田 楽々(芝浦工業大学 建築学部 建築学科 APコース 先進的プロジェクトデザインコース)︎
『 都市をscope -ふれる場所性- 』
山下 志都花(武蔵野大学 工学部 建築デザイン学科)︎
『 Borderless Village 』(ボーダーレス ヴィレッジ)

特別賞(2点)
池田 真央(東京造形大学 造形学部 デザイン学科 室内建築専攻領域)︎
『 想 〜パブリックスペースでの個空間の研究〜』
安達 湧喜、岩崎 燎、賀川 聡美、錦織 佑希、安野 まり(島根職業能力開発短期大学校 住居環境科)︎
『都野津 古民家をカフェへコンバージョン』

高等学校優秀賞(1点)
木下 歩乃佳、平沢 彩花、村松 若葉(千葉県立市川工業高等学校 インテリア科)︎
『バーチャル市工 in インテリア科』

日本インテリア学会 令和5年度【学生優秀発表賞】

10月29日(日)名古屋工業大学での研究発表大会で、理事による投票の結果、以下の4名の方々に第35回大会 学生優秀発表賞の授与が決定いたしました。受賞された学生の皆さま、指導教員の皆さま、おめでとうございます。

017 揖斐川町光永寺本堂に関する研究 - 内田仙司が遺した建築図面と現存遺構の比較 -
渡邊 凜(岐阜工業高等専門学校 専攻科)・清水 隆宏

029 駅ホーム上の不安感に影響する物理的要因に関する調査
横山 純和(文化学園大学大学院)・高橋 正樹

031 尾道市吉和の漁師の生業における家船での居住空間についての研究
石地 菜月(広島工業大学)・平田 圭子

037 開かれた庁舎建築に関する研究 - 半屋外空間の変容 -

吉澤 伊代(日本大学大学院)・市岡 綾子


表彰委員会の業務

表彰委員会は、大会時の学生優秀発表賞、卒業作品展表彰など、学会活動活性化のための各種表彰を行なっています。

表彰委員会メンバー

高月 純子(委員長)

大﨑 淳史

松崎 元